日銀ETF買入意向、今後の投資スタンス

日・米・欧の金融政策

3/19までに日・米・欧の金融政策が発表されました。

各国、金融政策を続けるとのこと。

とくにアメリカは2023年末までゼロ金利政策を続けるようです。

ETF買入に関して2つ

日銀のETF買入に対し、2つ注意すべきことがあります。

まず、日銀のETF買い支え目安がなくなったことです。つまり、必要なときのみにETF買入がなされるとのことです。

投資の鉄則は長期保有ですが、状況によってはこまめな利益確定を行う必要がでるかもしれません。

次に、ETF購入対象は日経平均型ではなくTOPIX型のみに一本化するとのことです。

日経平均型は株価単純平均型TOPIX型は加重平均型です。

株価平均型は株価が大きな銘柄が恩恵を受けがちですが、加重平均型だと株価以外にも発行株式数なども加味した上で恩恵を受けます

日銀ETF買入による株価上下が、多くの銘柄に均等に生じる可能性が増えることになります。

今後の投資スタンス

投資スタンスは強気!日・米・欧の各国がそろって金融緩和を謳っているので、これに乗ったほうがいいと思うからです。

ただ、こまめな利益確定売りを意識します。ある日「金融緩和は辞めます」となったら一気に下げ局面になると思うからです。

このタイミングなら投資対象はアメリカ株かなぁ。109円ほどで円安気味になっているからこそ、税金観点でアメリカ株はいいと思います!

というのも、株などの税って日本円換算でかかるんですよ。だから、アメリカ個別株価で勝つ・為替レートで負けるっていうのは魅力的です。

あくまで一個人の意見なので、参考程度に〜!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です